Springin’(スプリンギン)| 創造的プログラミングアプリ

創造的
プログラミングアプリ

誰でもプログラミング、
誰もがクリエイター

  • iPhone/iPad版 App Storeからダウンロード
  • Android版 Google Playで手に入れよう ※作品のプレイのみ

今すぐダウンロード!

スプリンギンマガジン

UpAppシリーズ

Springin’×VIVISTOP HAKATA 「表彰式を盛り上げよう!プロジェクト」~アイデア編~

Springin’×VIVISTOP HAKATA 「表彰式を盛り上げよう!プロジェクト」~アイデア編~

どうも!はじめまして
しくみデザインの新人、おとくちゃんです。

この度、スプリンギンの “今” をお届けするコラム『UpApp(あっぷアプ)』シリーズがスタートします!

初投稿は、現在進行中「FUKUOKA Creators Award」のプロジェクトについて。

「スプリンギン×VIVISTOP HAKATA 表彰式を盛り上げよう!プロジェクト」

こちらは、どんなプロジェクトかというと、
『SDGs』をテーマにしたFUKUOKA Creators Awardの表彰式をさらに盛り上げるため、受賞者へのプレゼントを制作するプロジェクトです。

しかも、このプロジェクトメンバーは、JR博多シティに拠点をもつ、子どもたちが自由に創作できるクリエイティブラーニングスペース「VIVISTOP HAKATA(ヴィヴィストップ ハカタ)」に所属する子どもたち!

「何をプレゼントするか」を考えるところから、実際にプレゼントをつくるところまで子どもたちが担うビックプロジェクト。

どんなプレゼントが完成するのか…ワクワク

表彰式までの制作過程を追いながら記事にしてお届けしていきます!


FUKUOKA Creators Awardは、クリエイティブ・ラボ・フクオカ主催「The Creators(ザ・クリエイターズ)」内のアワードです。アワードの表彰式は2021年10月23日(土)に開催されます!
The Creators(ザ・クリエイターズ)公式ホームページ

プロジェクトメンバーを募集

今回、プロジェクトメンバーの募集をVIVISTOP HAKATAのみなさんへお声がけしたところ、なんと、5人の小学生たちが集まってくれました。(嬉しい!)


早速、プロジェクトメンバーに集合いただき、しくみデザインのななみん&おとくちゃんから、プロジェクトの詳細を説明させていただきました。


▲詳細説明した際の資料一部

アイデア出しからスタート!

VIVISTOPにプロジェクトメンバーが集合し、まずは「何をプレゼントするか」考えていきます。

実は、プロジェクトの詳細説明の段階から、プロジェクトメンバーのみんなは既にアイデアをどんどん発してくれていました!
みんなの積極性に驚きながらも、説明中に発言してくれたことを取りこぼさないように私も急いでメモメモ…

そして、改めて「自分が受賞者なら何をもらえたら嬉しいかな?」などと考えながら、各々でアイデアをふせんにどんどん書き出していきます。

今年のアワードのテーマは『SDGs』なので、『SDGs』の要素を感じられるようなプレゼント案も出てきたり…

みんなで出したアイデアを共有することで、さらに新たなアイデアが浮かんできたり…

「これいいね」「こんなのもらえたら嬉しいね」とお互いのアイデアにコメントもしながらさらに盛り上がっていきます。

SDGsのカラーを使ったメダルや、地球の形をしたトロフィーなど、様々なアイデアが集まりました!

みんなが出したアイデアを整理して、「何をプレゼントするか」決定していきます。

ついにプレゼント内容決定!

個性豊かなアイデアをたくさん出してくれた中から決めたプレゼントは…

「トロフィー」!

早速、トロフィーのデザインや大きさなどイメージをかき出すだけではなく
どんな素材,方法でつくるか、そして役割分担も決めていきます。

トロフィーのイメージを紙にかき出すだけには留まらず、実物サイズがわかるように段ボールや綿でトロフィーを再現してくれるメンバーも!

制作に突入!

これから実際にトロフィーづくりに突入していきます!

どんなトロフィーが完成するのか、私もワクワクです♪

今後も制作過程を更新する予定なので、ぜひ楽しみにしていただけたら嬉しいです!

おまけ

制作を始めるための準備が終わったあとは、みんなでスプリンギンを体験!

スプリンギンであそぶだけではなく、メンバー同士で教え合いながらゲームをつくる姿も!

好きなスプリンギンクリエイターさんについて熱く語ってくれるメンバーもいました。

みんなの楽しそうな姿を見れて、私もとても嬉しく、笑顔になりました(^口^)

まずは気軽に始めてみよう!

誰でもプログラミング、
誰もがクリエイター